買物の節約は、買物メモをしっかりと作る

買物の節約は、買物メモをしっかりと作る

買い物するときは、買いたいものをメモしていき、それ以外は買わないようにしています。
スーパーなどにいってしまうとあれも買いたいとかこれも買いたいとかの欲が出てきてしまうので、メモしたもの以外は買わないと心に決め、なるべく安く済ませるようにしています。

 

一か月の食費を考え、一回の買い物でこれくらい使うというのを考えてそれ以内に収まるようにかごに食品をいれていきます。
かごに食品を入れるときには、大体の合計金額を頭で計算し、自分で設定した金額内に収まるように考えながら買い物を行っています。

 

そしてなるべくチラシをチェックしていくようにして、安くなっているものは安いときに買うようにしています。
私の行っているスーパーでは日にちによって安い日などが決まっているのでその日に行くようにしています。

 

節約しているのは、生活費が限られているので、自分の趣味などに使うお金を残すために節約をしている。
他にも、買わなければいけないものがあったりするので、そのお金を残すために節約できる部分はなるべくするように心がけている。

 

まず、買い物に行く時は買うものを紙に書いていき、必要なもの以外買わないようにその棚だけを回ります。
またできるだけ空腹では買い物に行かないようにします。空腹で食料品を買いに行くとどれも食べたくなり、ついつい余分なものを買ってしまいます。
野菜は旬で大量に収穫されている安価なものを選んで購入します。地場野菜は配送料が少ない分安く販売されていることが多いです。
お肉はセールの時にまとめて買い、1回分ずつに分けてラップで冷凍保存しておきます。
エコバックは必ず持っていき2.3円分ですが、ポイントを付けてもらいます。
うどんや焼きそばの麺は業務スーパーが安い(スーパーの半額以下です)ので、まとめ買いして冷凍保存しています。

 

現在、求職中で収入がなく家計が苦しいので節約するしかないのです。
今後の老後の生活費を確保する上でも貯金の切り崩しは最低限にしたいので節約しています。
また買い物を抑えている分、ごみもあまり出ないので環境にもよいのではないかと考えます。

関連ページ

甘いものを食べてから買物へ行きましょう
食品の買い物に行く前は、必ず軽くおやつでもフルーツでも甘いものを食べていくようにしています。甘いものを食べると少しお腹が満たされて、買い物に行った先で余計なものを買わずに済んでいます。
金券を安く手に入れて買物を節約する方法まとめ
買い物の節約方法として、金券を安く手に入れること、なるべく同じ店舗・同じ系列のお店で買ってポイントを貯めること、 ポイントがお得になる日を狙って買い物に出かけること、この三つを実践しています。