金券を安く手に入れて買物を節約する方法まとめ

金券を安く手に入れて買物を節約する方法まとめ

買い物の節約方法として、金券を安く手に入れること、なるべく同じ店舗・同じ系列のお店で買ってポイントを貯めること、
ポイントがお得になる日を狙って買い物に出かけること、この三つを実践しています。

 

まず、金券ショップに行って金券を購入します。(私の場合、ショップが職場の近くにあるため交通費はかかりません。)
金券によって使えるお店や割安感が違うため、コンビニならクオカード、スーパーならギフト券、本屋なら図書カードなど、買い物の種類によって使い分けています。

 

買い物は基本的にまとめ買いで、お店に行く日やペースは、お得デーに基づいて決めています。
買い忘れを防ぐために普段から買い物メモを作っています。

 

「あ、これ買わなきゃ」と思いついたときに手帳に書き留める程度の簡単なメモです。
毎回同じお店で買っているのでポイントは比較的溜まりやすく、溜まったポイントを割引として使えるお店ばかりを選んでいます。

 

節約を実践することで、買い物の回数自体を減らすためです。
買い物の回数が減ることは、金銭的な節約にもなると思います。一回に運べる荷物の量などにも制限がありますし、衝動買いをせず、必要な分量だけ買う習慣を身に付けようとして節約を実践し始めました。

 

目的がないのにお店に入るとついついセールになっている物や欲しかった物を買ってしまうので、まずは欲しいものがあるときのみ目的をもって買い物に行きます。食品を買うためのスーパーでの買い物は、ポイントが10倍の土日と子育てサポートの特権のつく火曜日と決めています。買い出しを週2回に決めて、それで間に合うように家で1週間分の献立を決めておきます。また、安いから、セールだから、とあちこちのスーパーをまわるのではなくて、ポイントのたまりやすいお店を1か所決めてそこで買い続けると早いペースでポイントがたまるので、よほどの事情がない限り決めたお店で買い物をしています。あとは、買い物は1人で行くようにしています。子どもを連れて行くとお菓子や余計な物を買ってしまうし、主人と一緒だと高級な調味料を買おうとするからです。

 

主人の給料を少しでも多く貯金に回すためです。子どもがまだ小学生なのであまりお金のかからない今のうちにためておきたいからです。また、うちは休日は出かけたり、キャンプや温泉へ行くことが大好きなので、普段の生活で少しでも節約をして休日のアウトドアで楽しくお金を使いたいからです。

関連ページ

甘いものを食べてから買物へ行きましょう
食品の買い物に行く前は、必ず軽くおやつでもフルーツでも甘いものを食べていくようにしています。甘いものを食べると少しお腹が満たされて、買い物に行った先で余計なものを買わずに済んでいます。
買物の節約は、買物メモをしっかりと作る
買い物するときは、買いたいものをメモしていき、それ以外は買わないようにしています。 スーパーなどにいってしまうとあれも買いたいとかこれも買いたいとかの欲が出てきてしまうので、メモしたもの以外は買わないと心に決め、なるべく安く済ませるようにしています。